新着情報

3Dプリントデビューしました!

卓上で遊べる小型ライントレーサのプロジェクト、DLT3 の進捗報告です。
モータマウントとギヤに3Dプリント出力サービスを使用してみました。

現在の DLT3 のモータマウントはヌキヲが手加工で作ったアルミ製のモノなのですが、
モータの取付が弱く、落としたり強い衝撃が加わるとすぐ外れてしまいます。

そこで3Dプリントを使って補強できないか?と考えました。
ついでにギヤ類も出力できれば言うことナシですね。

1go 1go

まず試作一号です。
どのくらいの強度が出るかわからなかったので、アルミ加工時と同じ程度としました。
結果的にこれは失敗で、面方向に剛性が足りなくて、フニャフニャ曲がってしまいます。
とりあえず柔らかい(過ぎる)サスペンションとみれば走らないこともないですがボツ。

ちなみに発注は DMM.make、材料は PA12(MJF)、料金は 一個 506円 でした。
一台には2個必要なので、一台当たりの金額は 1012円 となります。
出力サービス的に見れば手ごろですが、このサイズのモノ一個の値段にとみるとべらぼうに高いですね!

2go 2go

次に試作二号です。
今度は補強用の枠を増やし、形状をアルミ版に近くしてみました。

これはある程度の剛性も得られ、モータマウントとしてはまぁ使えそうなものになりましたが
やはり基板との支持点が2点だと歪むようです。ボツ。
もしかするとネジ止めの時にねじりが加わってしまうのかもしれません。

あと写真の通りギヤ類も面付しました。
スパーギヤは文句なしです。素晴らしい!
逆にピニオンは全然使い物になりませんでした。
うーん、これは解決策を考えないとまずいですね。

今回の料金は 一セット(モータマウント、ピニオンx2、スパーx2) 755円 でした。
また材料は PA12GB(MJF) にしています。値段は変わらず、剛性がちょっと上がるらしいです。
発注後一週間かかるので、お金と時間が飛ぶことww

現状もう少し調整が必要なようですが、継続して試作していきます。

近況報告   2018/08/18   ヌキヲ
タグ:Hardware , DLT
11月 2018年12月 1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031