新着情報


プロトタイプ一号




MFT2017 にて展示実演したプロトタイプ一号です。
 

スペック

  • マイコン:STM32F373C8T6
  • モーター:8520 Coreless
  • モータドライバ:DRV8835
  • エンコーダ:AS5600
  • ジャイロ : MPU6050
  • ラインセンサ:TPR-105F
  • バッテリー:Lipo 3.7V 240mAh

問題点

  • バッテリーが貧弱でマイコンがリセットする
  • モータドライバの容量が小さくて電流制限がかかる
  • そもそもモータがデカすぎたか?
  • 基板パターンのミス
  • ギヤボックスの取付穴位置がいまいち

コンセプト

過去2.5回にわたってデスクトップライントレーサを発表してきた当サークルですが、
今の DLT ではラインに追従するだけで、自分の走っている状況がわかっていませんでした。

どのくらい長くストレートが続いたか?
どのくらいの曲率のカーブを曲がっているか?
一度走ったコース、コースが無くても走れる?

いま、当サークルではこの問題に向き合っています。

もうお分かりの方もおられると思いますが、
いままでは小型化とコスト面の問題がクリアできずに搭載を見送っておりました、
エンコーダ3軸ジャイロ+3軸加速度 を載せたら・・・もしかしてできるのではないか?
それはもうフルスペックと言っても過言ではないのかもしれません。


今夏、卓上で遊べるライントレーサがフルスペックになります!!




パーツが増える分サイズは一回り大きくなりますが、
変わらず卓上で遊べることを前提としたサイズで開発しています。

少しでもライントレースに興味を持って楽しむ方が増えますように。


※本ページは工事中です。内容は変更になる場合があります。